この現場には誰もいない

スポンサーリンク
誰もいないのサムネその他

こんにちは、ちばっしーです。

今日は「この現場には誰もいない」というテーマで、
お話したいと思います。

YouTubeと在宅ワーク

最近は、YouTubeやネットでいろんな事が学べるようになりましたね。

プログラミング、映像制作、料理、スポーツ、音楽・・・。
なんでも在宅で無料で学べる。

もう学校も職業訓練も、不要といっても過言ではないでしょう。

いつの間に、こんなに充実したのでしょうか?
割と最近だと思うのですが。


加えて、コロナ後の在宅ワークの普及。

コロナの影響で、在宅で出来る仕事が増えました。
(コロナ自体は、大変不幸なことでした)

これにより、僕がずっと願っていた2つの条件がついに揃いました。

地獄の日々

「在宅で仕事がしたい。もしくは、そのための訓練を受けたい!」

昔、不登校になった時、
片っ端から、いろんな相談窓口に行って頭を下げました。

返答は、
「そんなのはない」
「他の相談窓口を紹介します」
「なに我儘いってるんだ?」
「病院に行け」

といった具合でした。

病院では、
「薬を出しておきます。薬を飲めば楽になります」
ということでした。

しかし、全く効果はなく、
逆に、酷い副作用に苦しむことになりました。

それでも医者を信じて、
薬を飲みながら事務の仕事をしたり、
警備員をやったりして生活していたのですが、
それはもう・・・地獄の日々でしたね。

ひきこもり問題の解決?

それが今では、
在宅で学べるようになり、在宅で仕事ができるようになりました。

コロナ問題が2020年頃からですから、
本当に、ここ数年の変化は凄いものがありますね。


これにより、
「ひきこもりの方を、外に引っ張り出して就労させる」
みたいなことは、時代遅れになりました。


YouTubeで学び
② 在宅ワークで稼ぎ
③ 投資で増やす


こういったパターンで成功する人も、
今後は増えていくかもしれません。


では、これでひきこもり問題は解決したのでしょうか?

残された問題

実は、残された問題は沢山あると思っています。
一例をあげます。

パソコンに触れたことがない方

在宅で学べるようになったといっても、
パソコンに触れたことがない方が、
在宅ワークで稼ぐまでには、高いハードルがあると思います。


自宅にパソコンがないというケースもあると思いますので、
その場合は、備品の貸与などが必要になります。

長期化している方

ひきこもりが長期化している方。

8050問題という言葉がありますよね。

そういった年代の方に、
「コロナで社会の状況が変化したから、
今から自力でYouTubeで学んで、在宅ワークで生きていってくれ」
というのは、あまりに酷だと思います。


在宅ワークだって、
コロナのずっと前から導入しようと思えば出来たのに、
そういう整備は一切しないで、
「自己責任」の一言で切り捨ててきたのですよね?


まるで犯罪者のような扱いをしたり、
ずっと社会全体で辛く当たってきたのですよね?

フェアじゃないと思いますよ。

なにより「時間」は戻ってこないのだから、
そこに対するケアが絶対に必要ですよ。

差別の解消

差別の解消も課題です。

せっかくスキルを身につけて在宅ワークを始めても、
「ひきこもり歴があるから」という理由で不利な扱いをされるようなことは、
絶対にあってはならないですね。

この現場には誰もいない

だから、僕は「就労がひきこもりのゴール」ではないと思っています。

残された爪痕は深く、深く・・・・。
とても深刻な問題です。


だけど、この現場には誰もいない。

社会貢献のために、熱い想いで活動しているはずの、
「プロの支援者の仲間達」はどこへ行った!?

タイトルとURLをコピーしました