木は生きている

スポンサーリンク
木は生きているのサムネメンタル

こんにちは、ちばっしーです。

今日は「木は生きている」というテーマで、
お話したいと思います。


先日書いた「それ以外は枝葉のこと」の補足です。

それ以外は枝葉のこと

人間には、いろんな要素があります。
例えば、年齢、性別、身長、体重、国籍、収入、スキル・・・。


他にも、足が速いとか遅いとか、
さらに細かく見れば、短距離は得意だけど長距離は苦手だとか、
この年齢の時は速かったけど、怪我して遅くなったとか、
いろいろあると思います。

けれども、それらは枝葉のことで、
幹や根になるのは、人間性やモラル。

その部分がしっかりしていれば、
いろんな仕組みを超えて価値ある仕事が出来る。


「弘法筆を選ばず」のように。

人の役に立つ仕事ができる。


つまり、結局人間性次第ではないか?
そんな話をしました。

幹や根が腐っていたら

いかに凄い「枝葉」を持っていても、
幹や根が腐っていたら、人の役には立たないと思います。


世の中には、悪いことをしている人達が沢山います。
ビジネスの世界にも沢山います。

まぁ、単に営利ビジネスをやっているだけならまだしも、
そういう人達が「責任ある立場」に立ってしまうことの、
なんて罪深いことか・・・。


政治とか、医療とか、教育とか福祉の世界にも沢山います。

責任ある立場で、
人を傷つけている人達のなんて多いことか。

責任ある立場で、
人を攻撃したり排除したり、騙したり奪ったりしている人達。

そういう人達が「支援者」と称して、
我先にと補助金や寄付金の奪い合いを始めてしまったら、
本当に苦しんでいる人達を、誰がどうやって助けるんだろう?

木は生きている

それに比べたら、
ひきこもりになったことなんて、何ら悪いことではないですよ。

それに比べたら、
何ら恥ずかしいことでもないですよ。

それに比べたら、
ひきこもっている時点で、むしろ立派なぐらいですよ。

世の中に害をもたらしていないのだから。

もっと自分に自信を持って良いと思いますよ。


枝葉の部分が、重要ではないとは言いません。

いろんなスキルだって、ないよりはあった方が良いし、
人と比べれば、コンプレックスになってしまうこともあるかもしれません。

枝だって、折れたら痛かったかもしれません。

だけど、枝の2,3本や5,6本折られたところで、
幹や根の部分が腐っていなければ、
あなたの木は生きている。

まとめ

というわけで、
今日は「木は生きている」というテーマで、お話しました。

もちろん、枝葉を育てるのも大切だと思います。

しかし、枝葉というのは、
どこまでも広がるものですから、キリがありません。

枝はゆっくり育てていけば良いじゃないですか。

折れた枝も、ゆっくり待てば良いじゃないですか。

それよりも「木が生きている」ことに誇りを持ってください。

タイトルとURLをコピーしました