私が出会ったひきこもり当事者

スポンサーリンク
出会った当事者のサムネその他

私が出会ったひきこもり当事者

こんにちは、ひきこもり経験者のちばっしーです。

今日は、私が出会ったひきこもり当事者について書きます。

昔、ひきこもりの居場所、
フリースペースのような所に行ったことがあって、
そこで出会った人達です。

努力家なひきこもり

一芸に秀でていたり、
ある分野に非常に詳しかったり、という人達に出会いました。

一言で言えば、努力家ですね。

例えば、先日の記事でちょっと紹介したボディービルダーの彼。

いや、正確にはボディービルダーではないのだけれど、
ボディービルダーのような肉体の彼は、
「足を浮かせた腕立て伏せ」ができました。

足を浮かせた腕立て伏せって、意味伝わりますかね?
普通の人間では絶対にできないことなのですよ。

他にも、スポーツがプロ級に上手い人とか、
囲碁に詳しくて、研究に余念がない人。
コンピュータ・グラフィックスをやっていた人。
その後、通信制大学に行って精神保健福祉士になった人。

なので、一般的には「ひきこもり = 怠け」とされているけど、
「デマだな」と、私は思いました。


ただ、少し方向性が独特だったり、
いろいろなことに手を出しすぎて分散されていたり、
必ずしも、努力が報われていない傾向はありました。

働きたいひきこもり

働きたいというか、
アルバイトをしていたり、既に働いている人も多かったです。

働いていない人も、
先日少し書いた彼のように、
仕事やお金のことで真剣に悩んでいました。

私が知っている範囲では、
「働くのが怖い」とか「つらい」という人はいても、
「働いたら負けだと思っている」という人はいませんでした。


厳密には、一人だけ「働く気はない」と明言した人がいました。

彼は当時40代で、統合失調症を患っていたのですが、
穏やかで善良な人でした。

元気にしているかな?

排他的なひきこもり

パーソナリティの面では、人それぞれという感じでした。

とっても優しい人もいれば、
一部、排他的な動きをする人もいました。


自分の意にそぐわない人に難癖をつけて、
排除しようという動きが目につきました。

ですから、残念ながら昨日書いた内容は、
冗談というわけでもありません。

当時は、正直腹が立ったけれど、
しかし今思えば、一種の防御本能的なものかもしれません。

そう考えると、同情の余地もあります。

ただ、本当に気の毒なのは、
排除された方のひきこもり当事者で、
不幸な被害者と言うしかありません。


ダメージは相当なものだったと思います。

違うタイプのひきこもり

別のフリースペースに行ったこともありました。

そこで言われたのは、
「親の同意が必要なので、この書類にサインをもらってください」
ということでした。

私は、
「えっ? 親なんかいません」
と言うしかなく、その後、二度と行くことはありませんでした。

もしかしたら、
そのような「親の協力ありき」の支援団体に行けば、
また全然違ったタイプのひきこもり当事者に出会えたのかもしれません。

ひきこもりという言葉

今日は、私が出会ったひきこもり当事者について書きました。

その後、社会復帰した方、結婚した方、
そして亡くなられた方もいます。


地域や世代、支援団体等によっても顔ぶれが異なると思われます。

調査方法や質問項目によっても、結果が大きく異なるでしょうし、
結局、まだ誰も「ひきこもり」の実態は掴めていないのかもしれません。

HSPや発達障害など「人を分類するような言葉」は沢山あります。

しかし、これだけ異なるタイプを内包し、
強い偏見もあり、
その結果、沢山の不幸を生み出してしまった言葉もないと思います。

タイトルとURLをコピーしました