音の力で癒す

スポンサーリンク
音の力のサムネメンタル

今日は私の趣味の話なんですけど、
音楽療法、音響療法、こういったものについて書きます。

音叉の実験

中学の頃、音叉の実験をやりませんでしたか?

音叉を何本か並べて、
そのうちの一本を鳴らします。

そうすると、同じ周波数の音叉だけが共鳴し、
違う周波数の音叉には変化なし。


同じ金属なのに、なぜこのような現象が起こるのだろう?
当時、これがとても不思議で面白く感じました。

この頃から、音の不思議な魅力にひかれていたのかもしれません。

いろいろな音を使った療法

いろいろな音を使った療法があります。

音楽療法から、音叉を鳴らすもの、その他のもの。
本当に様々です。

私はこういった音楽療法などのCDを集めるのが好きで、
段ボールに2箱分ぐらいはあります。

効果はあるの?

そうですね。
私は効果があると思っています。

劇的に効くということでもないのですが、
少し効くという感じでしょうか。
あくまで、私の体感的、感覚的な話になります。

だって、考えてもみてください。

もし効果がなかったら、
私があの境遇で、いまだに生き残っているはずがないではありませんか?

音楽療法・音響療法のCD

では、いろいろな音楽療法や音響療法について紹介していきます。
まずはCDやCDBOOKから。

モーツァルト

私が取り上げているモーツァルトの楽曲には、副交感神経に作用する音響学的な要素があるんですね。これはある周波数帯域の音や、それから揺らぎといったものです。それから、和音がもの凄く豊富で、倍音が豊かであるということ。これが高次の脳に非常に効率的に波及し、聴き入るだけで、人間を安静モードに導く交感神経にスイッチが入るのです。

https://www.e-onkyo.com/news/464/

埼玉医科大学短期大学名誉教授、和合治久氏によると、
モーツァルトの楽曲には、様々な有用な効果があるそうです。

免疫力を高めるアマデウスの魔法の音(CD付)

新品価格
¥2,250から
(2022/2/24 10:47時点)

ハーモニーベル

ハーモニーベルは、RFS研究所が独自の周波数を指定して作成したオリジナルの音叉のこと。現在音叉を使った施術は、サウンドメディスン・サウンドセラピーという名で知られ、アメリカをはじめ海外では非常に古い歴史をもち、現在も盛んに行われています。

https://www.harmonybell.jp/harmonybell

こちらは、音叉を鳴らす療法。

音楽ではなくて、音叉を沢山鳴らす音が入っています。
なんか効きそうな感じがします(笑)

ハーモニーベルCD ロータス

新品価格
¥3,143から
(2022/2/24 10:51時点)

マナーズサウンド

英国のマナーズ博士(医学博士ドクター・サー・マナーズ。人類に貢献した功績から”サー=Sir”の称号を受けています)は、半世紀以上にわたる研究で「人体の器官や臓器の細胞が健康なときに発信している音(振動)」を分析・解明。その音を乱れた細胞を持つ身体に聞かせることによって、細胞が共鳴して健康な状態に戻るということを発見しました。その原理を応用して作られた音が『マナーズサウンド』なのです。この理論はマナーズ博士の「サイマティクス音響振動療法」に基づくもので、代替治療の一つとして国連や世界保健機構(WHO)にも認められています。

http://www.manners-inc.jp/%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%A8%E3%81%AF/

英国の医学博士が考案した療法のようです。

マナーズサウンドはブーンと低く振動するような音で、
CDには、それに音楽が入っているタイプと入っていないタイプがあります。

私は音楽が入っていないタイプを、就寝時によくかけています。

自律神経を整えて超健康になるCDブック (CD2枚付録:イギリスの特殊音響&名医が奏でる癒し音)

新品価格
¥1,012から
(2022/2/24 10:54時点)

クスリネ

当院では、独自の療法として音楽療法も取り入れています。

音楽療法とは、最近になってよく耳にする言葉かと思いますが、実は古来より、音や音楽には人を癒す不思議な力があると知られていました。

古代ギリシアでは、フルートの音が坐骨神経痛と痛風の痛みを治したと言われており、3000年前にダビデの演奏するハープが、ユダヤの王のうつ病を治したと言われています。19世紀になると、西欧で『特定の音楽がヒトの呼吸や血圧などの生理機能に影響を与えたり、痛みを軽減する』ことが研究報告されています。

http://maru-all.com/news/?eid=21

丸山アレルギークリニック院長、丸山修寛氏は、
独自の音楽療法を研究されています。

クリスタルで作った音叉で音楽を奏でたり、
作曲もされているようですね。

クリスタル音叉 癒しの響きCDブック (綴込付録:CD1枚)

新品価格
¥922から
(2022/2/24 10:55時点)

音楽療法・音響療法のYouTubeチャンネル

YouTubeにも、このようなテーマの様々なチャンネルがあります。

ドイツ振動医学によるヒーリングサウンド

Parole channel【neten株式会社公式】

まとめ

今日は音を使った療法について書きました。

まぁ、気分を楽しむものかもしれません。

でも、在宅の時間が長い状況なら、
こういった音の療法を試してみるのも良いと思います。

仕事や勉強のBGMとしてはもちろん、
読書や、マンガを読むときに。

そして、調子が悪くて寝ているしかない状態だとしても、
音楽をかけることはできます。


それは、それでも諦めず、
なにか少しでもプラスの変化を起こそうという、
意思の表れだと思います。

タイトルとURLをコピーしました