収入を得るための3本の矢

スポンサーリンク
3本の矢のサムネその他

収入源を分散しよう

会社の給与収入のみなど、1つに依存せず、
複数の収入源を持つのが強い形だと思います。

なるべく、収入源を分散しましょう。

その前に・・・

その前に・・・。

当サイトでは、
ひきこもり状態でも収入を得て、
人生を豊かにすることを、1つのテーマにしており、
こういう記事も書きます。


しかし複数の収入源を持つのは理想的ではあっても、
実際は、かなり大変です。

どれか1つでもできれば、凄いことかもしれません。

人は、1ミリずつしか進めません。
ときには立ち止まることも必要です。


ゆっくりいきましょう。
焦らないようにしてください。

3本の矢の話

3本の矢の話を聞いたことがありますか?

1本だと折れてしまうけれど、
3本なら折れないというアレです。

戦国武将の毛利元就が、子の隆元・元春(吉川氏に養子)・隆景(小早川氏に養子)に授けたという教え。一本の矢は容易に折れるが、三本まとめてでは折れにくいことから、一族の結束を説いた。三矢の教え。

goo国語辞書

収入源もこれと同じで、
例えば会社の給与収入のみだと、
会社が倒産した場合などに苦しくなってしまいます。

収入源が投資の場合も、
上手くいっている時は良いのですが、
不況になった時など、一気に苦しくなってしまう可能性もあります。

そこで、収入源を複数に分散することで、
リスクを回避することができますし、
また、勉強した内容が他の分野に役に立つなど、
相乗効果が期待できます。

収入を得るための3本の矢

では、収入を得るための3本の矢。

ここでは、会社の給与収入、副業、投資の3つについて、
それぞれ解説していきます。

会社の給与収入

メジャーな収入源で、これがあると、
生活が安定すると思います。


コロナ前は、
フルタイム通勤の正社員でなければ人にあらず、
みたいな時代でした。

なんらかのハンデを抱えるひきこもりの方には
残念ながら、縁が遠い世界だったかもしれません。

しかし最近は、リモートワークの普及で、
状況が変化してきています。


リモートなら、
あるいはフルタイムは無理でも時短ならできるかも、
という方もいるのではないでしょうか。

会社の給与収入のメリット・デメリット

この後に解説する副業や投資は、
とくに最初のうちは、なかなか稼ぎにくいです。

その点、給与収入の恩恵は大きいと思います。

デメリットとしては、
会社に当たり外れがあること。

倒産してしまったり、
給料が支払われなかったり。

または、ブラック企業だったり、
パワハラにあってしまったり・・・。

こういったことは、
入ってからでないと、なかなか判りません。

もし、ハンデがあったり、
ひきこもり歴があっても「フェアに」扱ってもらえるなら。


頑張って結果を出せば、
生活していくのに、充分な収入が得られるなら。

良心的な会社だと思います。
その会社との関係は、大切にしてください。

副業

会社の仕事とは別に、
クラウドソーシングで仕事を受けたり、
知人のWEBサイトを制作したり。

ブログの収入なんかも、
会社勤務の場合は副業になりますね。

現在、国としても副業を促進しています。

2021年、経営戦略として副業を考える 厚生労働省が2018年1月に「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成したことがきっかけとなり、副業・兼業の気運が高まっています。 「働き方改革関連法」には盛り込まれなかったものの、政府は副業・兼業の解禁を推奨しています。

HRbase PRO

副業のメリット・デメリット

メリットは、スキルが伸びやすいことだと思います。

自分を売り込んだり、
お客さんの(意外な)要望に、必死で応えているうちに、
どんどんスキルが伸びていきます。


PCスキルだけでなく、法律、会計など、
ビジネスに必要な全てのスキル触れる機会があると思います。

デメリットは、疲労が蓄積しやすいことです。

副業は、一人で勉強して、
なんでもやらなければいけません。

会社の仕事に加えてこれをやるのは、
とてもとても大変なことです。

くれぐれも、身体を壊さないようにしてください。

投資

例えば、株のETFを買って配当金を得たり、
それを値上がりしたタイミングで売ったり。

積立nisaで全世界株を買ったり。

こういうのが投資から得る収入です。

投資のメリット・デメリット

メリットは、
副業とは、また違う分野の勉強になることだと思います。

本を読んだり、
いろいろな人の話を聞いたり、
どうすれば良いのか、
政治・経済のことなども考えるようになります。

法定通貨の価値は落ちていく傾向にあるので、
資産防衛という意味でも、考えてみる価値はあると思います。


そして上達すれば、
大きな金額を稼げるようにもなります。

デメリットは、リスクがあることです。

失敗して資産を失ってしまう、
なんてこともあり得ます。


とくに最初のうちは、
ハイリスクな投資は避けた方が良いでしょう。


ちなみに、ひきこもりでも投資が好きな人は多く、
ひきこもりサークル&ネットワークにも、
投資サークルがあったりします。

しかし、投資は自己責任となります。

まとめ

会社が、一生面倒をみてくれるわけではありません。

ある日、会社が倒産してしまった、
なんてことは普通にあります。

そんな時も、副業などの収入があれば、
生き残ることができます。

1つだけでは不十分でも、3つ組み合わせれば、
3本の矢のような強い形になります。


しかし、コンディションが悪い状態で、
フルタイム働いて、
さらに副業して勉強もしてというのは、
とても大変です。


普通に身体を壊すと思います。

それでは元も子もないので、
くれぐれも無理せず、
体調管理を万全にしてください。


会社の給与収入だけで充分幸せに生活していけるなら、
それに越したことはありませんし、
そして本来は、社会としてそうあってほしいと思います。



タイトルとURLをコピーしました