サークル&ネットワークのルーツ【1】

スポンサーリンク
ルーツの画像1その他

ひきこもりサークル&ネットワークのアイデアは、
あるオンラインサークルの活動から生まれました。

そのサークルは、もう解散してしまったのですが、
ひきこもりでも新規事業で稼ぐことをコンセプトにしていました。

そこで、みんなでざっくりとしたアイデアを出し合って、
ブレストをしようという企画をやったのですが、
その時に、いくつかのプレゼン資料を作りました。


私は3つほどアイデアを出したのですが、
今回は、その時の資料の一部を公開します。

これが、ひきこもりサークル&ネットワークの原案・ルーツです。

アイデア【1】 引きこもりオンライン部活動

最初に紹介するアイデアは「引きこもりオンライン部活動」です。
この時はサークルではなく、部活動で出していましたね。

私は学生時代に、
いろいろあってひきこもりになったため、
部活動はできなかったのですが、
そのことは、いまだに悔いが残っています。

とてもとても残念に思っていて、
きっといくつになっても悔いは残ると思いますが、
それだったら、今から部活動を結成してしまおうと出したアイデアです。

にもかかわらず、なんでサークルに変えたのかというと、
COMOLYさんで部活動の企画をやっていたので、かぶるかなと思ったからです。

別に、かぶっても良かったんですけどね(笑)

部活動を楽しみ、楽しむことからビジネスに繋げる。
このアイデアは、そのまま「ひきこもりサークル」に受け継がれました。

アイデア【2】 引きこもり相互協力ネットワーク

次は「引きこもり相互協力ネットワーク」です。

今の「ひきこもりネットワーク」と比べると、
少しSNS寄りで、インフルエンサーを育成するというアイデアでした。

相互協力の仲間は一生の財産ですよね。

ひきこもりネットワークにコンセプトは引き継ぎながらも、
育成や強化というよりは、もう少し緩く情報交換という感じに変化しています。

アイデア【3】 山分けシステム搭載ウェブサービス

次はボツ案なんですけども、
山分けシステム搭載ウェブサービス」です。


この時、WEBサービスをやろうかという話が出ていたので、
それで考えたアイデアでした。

山分けシステムとは、
WEBサービスの収入を全員同額で分配し、
共同収入源にしようというものです。

こうすることで、高いスキルがない人も参画でき、
収入が得られるというわけです。

しかし、WEBサービスをサークルで運営するのは、
法律的なリスク、経理の煩雑さなどもあり、
このアイデアはボツにすることにしました。

まとめ

今回は、ひきこもりサークル&ネットワークのルーツとなった、
サークル内プレゼンの資料を公開しました。

この時所属していたサークルは解散してしまいましたが、
そのメンバーとは、今でも交流があります。

そして実は、プレゼン資料はまだまだあります。
それは次回、ご紹介できればと思います。


お楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました